読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマココニイキル

私は私のために生き、あなたはあなたの為に生きる。

自分で描いたもの

忙しい日々は大変ですが、忙しい程にやりたい事や

会いたい人、会いたいといわれる事はありがたい事だな。嬉しい事だな。と日々感じています。

本も看護師を辞めてから読む機会が増えました。

図書館もよく行くし知らない事って多いなと本当に感じるんです。

今も1冊読んでいます。

ある方から薦めてもらった本です。

この本を読み、本当に深く自分を感じると素敵な本に出会わせてもらって幸せだと思いました。

今、私がしている事と繋がる点が多くとても共感したのもあります。

それは、

私たちの人生はすべて決まっている。

しかもそれは、自分が生まれる前に書いたシナリオである。

という事です。

この著者は、小林 正観という方で宗教でもオカルトでもなく唯物論者「すべての現象

を物質的観点から規定していく理論の支持者」です。

40年以上研究され、本の出版や講演会、人の話を聞くことをされています。

この言葉は、私がとても共感した言葉です。

私は、子供の頃から星が好きで、兄妹の中で自分の部屋だけ暗くすると天井が一面星空になります。

最初は、大学で心理学を学ぼうと思っていましたが、親に看護師を薦めれ一刻も早く

自立したかった私は、一生働ける看護師を選びました。

入学にあたり寮に入ることで親元から離れ、生活する事がどうゆうことか経験しまし

た。勉強し医療に興味をもち集中治療や救命の世界で働く中で、多くの人と出会い、

生きるということ、死ぬ事、人生について深く考えることになったんです。

そんな私が人生で結婚か仕事かに迷った時に、今は別れた彼の紹介で今の私の先生に

出会わせてもらいました。

そこから、心理学に興味があり人生について深く関わっていた自分にはこれを学び、人のために使いたいと思ったのです。

それを聞いてくれた人が人を呼び、今は毎日を忙しく過ごさせてもらっている結果になっているわけです。

人間は気候や環境にも大きく影響されるため天体、宇宙などいろんな万物との繋が

り、もちろん心理学、医療など自分の持っている経験や知識も全て繋がっています。

自立する一心で看護師として働きお金にはシビアに生きてきたので貯蓄もそれなりに

あり、おかげで今の自分に迷わず投資ができています。

たまたま親からの自立の思いが強かった事で、看護師から今は人の人生に関わる仕事

をさせてもらえていますが、私は25歳の時にある人から「30歳から大きく人生が変わるよ」と、

言われていました。

そういうことを振り返った時に、全部自分の予定通りに起きているとしか思えないと思いました。

私が会うのは10代〜70代まで幅広く逢わせて頂いています。

その中で、その人の一生分のシナリオを話させてもらっていますが、やはりみなさん

自分の人生通りに進んでいるんです。若い方は未来の話ばかりなのでそうなるかはま

だ未知の世界なので私も先は分かりませんが、40代以降の方は人生経験も多いので話

すと過去の出来事がぴったり一致するんです。年齢まで。

私も毎回不思議だと感じると共に、やはり決められた自分の運命を人生を歩くんだなと思いました。

そうなると、私も自分のシナリオ通りになんだなと。

全てを受け入れる事ができたんです。

ジタバタしても仕方ない。だって全ては自分が選択しここに立っているのだからと。

今があるということは、今までの選択は正しかったと。

 

人生はドミノ倒しと同じです。

最後の一個が倒れると同時に死ぬ。ドミノは前のが倒れるから次が倒れる。

必ず全て繋がっているんです。

ドミノ倒しも二手に分かれたり、仕掛けがあったりしますが結局は一本に戻る。

そして最後の一個が倒れるまで倒れていくんです。

 

人生もいろんな事象はあり、辛いこと、嬉しいこと色々感じると思います。

しかし、その事象全てが自分がもともと作ったシナリオだとしたら。。。

自分が歩いている道は自分が望み、歩むべき人生であることを受け入れられたら。。

 

私は自分のシナリオを見ながら、自分の人生を歩いているなと実感しています。