イマココニイキル

私は私のために生き、あなたはあなたの為に生きる。

足元までみれる心のゆとり

私は靴が好きで、人が履いている靴もよく見ます。

靴は好きだけど、たくさん集めたりしません。

足は二本しかないので、好きな靴を5足くらいに絞って使うようになりました。

芸能人みたいにいっぱい靴ありまーすって羨ましいなと思う事もありますが、

靴は履いてあげるのが愛かなと私は思うので、履ける靴だけを持つようにしました。

 

こう思ったのも、今の年齢になってからです。

去年の誕生日に靴を新調しました。

それは、昔からその年齢になったらこの靴が似合う女性になっていたいと思い

憧れていた靴でした。

f:id:yu-ri8619-a:20170122103030j:plain

ルブタンの赤のソウルを見た時に心を奪われ、この靴を履いていきたいって思うようになりました。

いい靴は幸せな場所に連れて行ってくれる。

私もこの言葉は共感していました。

 

昔はそんなこともしなかったけど、今は好きな靴を永く履くためメンテナンスもしょっちゅう出すようになりました。

人の靴も好きでよくみるけど、ボロボロな靴履いている人って意外と多いなと感じる事があります。

女性の場合は特にヒール部分が傷だらけ。。。。

どれだけ顔を作って服着ても、そこは気にしないんだなーと残念になります。

可愛いのに、食べ方や箸の持ち方とが絶望的に悪い時くらい私はがっかりします。。

男性の場合もそうです。

必ず成功者やビジネスや日常、本気で戦っている人は必ず靴が綺麗です。

つま先がハゲているなんてことはまずない。

そんなハゲた靴履いてたら薄く生きているんだろうなー。。。と勝手に思います

男女とも意外と靴って見られているんです。

手もそうです。

指って見られているんですよ。逆剥けやなーとか職人の手だなーとか、ネイルケアしっかりしているんだなーとか。

 

若くていいねだけで何でも通用するのは10代までと思っています。

社会に出た時点で、そこと勝負する時にはやはり身なりの清潔感は絶対必要。

脳は3秒で人を判断すると言われています。

一瞬で人は審査されているんです。

私のように靴を見る人もいる、顔かも、髪かも、手かも。

それは人によって違います。

どの人でもいいように隅々まで気を配る必要がある。

その靴はあなたを幸せな場所に導いてくれるものですか?

私は背が高いですが、ピンヒールが大好きです。ヒールを履くと大体180センチくらいになります。。。

 

銀座のルブタンのお店に訪問した時、定員さんの言葉が印象的でした。

「ルブタンは、背が高い方ほど履いていただきたい靴です。

  身の丈のバランスと綺麗に合うようにこの靴は作られています。

  申し訳ないのは、この靴は休ませてくれない事です。

  ヒール部分がとても繊細に作られているので座った時もヒールに負荷がかからない      

 よう座っていただかなくてはいけないので、この靴はいつも休ませてはくれないので

 す。」

 

靴を買いに行って、このような言葉をかけてくれる人に出会ったことはありませんでした。

靴を愛し、いつまでもステキに履けるように気を使う。

背筋を伸ばし、たち振る舞える靴は本当に魅了されるなと感じました。

もちろん、その店員さんから買わせていただきました。

大切に使わせてもらっています。

背が高くても女性の象徴らしいピンヒールをはける喜びを感じ、今日も一緒に出かける幸せを噛み締めています。

f:id:yu-ri8619-a:20170122105716j:plain