読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イマココニイキル

私は私のために生き、あなたはあなたの為に生きる。

冬の夜空と人生の道

雪がおちつき足元も少しは良くなったかと思えばまた雪ですね。。

私は冬が好きです。天気の良い冬だけですが。

冬の夜空は特に綺麗で、私の実家が田舎なのも影響していますが空いっぱいの満天の星を見るとスッと心が静観するのがわかります。。。

それでは。。。

前回、使命というキーワードが出たので今回はその話を。

使命とは、

与えられた重大な務め。責任をもって果たさなければならない任務。

とされています。

まさに、この地上に生を受けた間に果たすべきあなたの役割

あなたの「命」の「使い方」です。

 

私と話をしたいと来てくれる人達は、「人生の使命」を知らない人ばかりです。

そして、世の中も自分の使命を知らない人がほとんどです。

 

人生の使命を理解出来ていない人は、「不安」と常に手を繋いでいます。

「このままでいいのだろうか。仕事はこのままでいいのか。お金は。環境は。あの人は○○なのに。」と。


そういった「不安」を抱えていると、「妄想」を生みます。

「またうまくいかないかもしれない。自分だけこうなのかも知れない。誰かのせいじゃないか。どうせあの人はこうだから。自分はどうせこうだから。」と。


そんな「妄想」はストレスを生み、人生に悪影響を与えます。

これらの慢性的なネガティブ・スパイラルは時間と共に深くなります。

しかし、多くの人はその思いを心の奥に抑圧し、見てみないふりをして胸に抱えたまま生きています。

  

自分の使命を知らずに、役割を果たせていない人生を送っている人には、

人生の中で「悩み」「苦しみ」「不安」「恐怖」というメッセージを痛感させられる事象を引き寄せる結果になっているのです。

そんな人は、

「人生は何て不公平なんだ。自分だけ苦労して」と、自分の人生を嘆き哀しむ人も居るでしょう。

しかし、人は何のために産まれているのでしょうか。

哀しむ為でも苦しむためでもありません。

全ての人は幸せになるために産まれてきたのです。

 

苦しみなどのネガティブな感情は、偏った見方をし妄想と幻想で捉えた結果にすぎません。

あなたが自分の使命を自覚し「使命」に沿って生きていけば、あなたがこの地上で「使命」を果たす上で必要なサポートが与えられるのです。

 

あなたが生きていく上で必要なもの、使命を果たす上で必要な情報、お金、人間関係・・・様々な協力者が向こうからやって来るのです。

 

これらを「シンクロ現象」とも、「奇跡」と言う人もいます。

 

使命を果たす方向に進み始めると、あっという間に前に進むことが出来ます。

今までの時間感覚と比較できないくらいのスピードで物事が進むのです。

そして内側から溢れるような情熱と喜びで、その才能を最大限に発揮し貢献していきます。

あなたが「使命」を全うしていく事で、その大きな喜びの為に自ら進んで自分に磨きをかけ、あなたとあなたの周囲を輝かせていくのです。

 

結果、より深い絆で素晴らしい人間関係を構築します。

 

冬の夜の満天の星が、他の季節よりも綺麗なのは、空気の乾燥と、日照時間が大きく影響しています。

空気が乾燥すると、空気中に存在する細かい水分が視界を邪魔をしないため、空がはっきり綺麗に見えるのです。

そして、冬は暗くなるのが早いです。

それによって、真夜中の空には太陽の光がほとんど当たりません。

 逆に、夏は暗くなるのが遅いため太陽の光が残り、空が青がかった黒になります。

 これを「残照」といいます。

その残照によって星が見えにくくなるのです。

 

人生の道も同じではないでしょうか。

偏見や思い過ごしなどの妄想と幻覚が霧となり、あなたの光を見えにくくしている。

自分を理解出来ず、人生の使命を知らずに生きるから暗闇を怯えながらうずくまりその場に立ち止まる。

暗いのが怖いのではなく、暗い場所だからこそわずかな光が本当に明るいものなんだと分かる。

光が灯れば足元に何があるのか、道はどのように続いているのか、危険はないのか事前に予防できる事がある。

 

私は、人生は航海だと思っています。

みなさんの航海が迷い無く進む事が出来るよう、私は皆さんの北斗七星のような役割をしていきたいと思って活動しています。

舵取りは皆さん次第です。私が決める事ではありません。

ただ、悩み航海の進路を見つけられない時には星を見てほしい。

北斗七星は必ずそこに変わらずあるのだから。

 

f:id:yu-ri8619-a:20170120175156j:plain